格安航空券を購入する時に注意したいポイント!後悔しないLCC選びのコツ

- 格安チケットの注意点

更新情報

格安チケットの注意点

いつもよりちょっと遠くへ旅をしたいと思ったら、まず旅費がきになりますよね。
極力交通費を節約して、旅先のグルメや観光に奮発したいと思いませんか?そんな時は、飛行機を最安値で利用できる格安航空券検索がお得です。
現在では認知度が高く、多くの旅行者が使っています。
価格が安いのがメリットですが、いくつか気を付つけたいポイントがあります。
購入してから「こんなはずではなかった」と失敗しないために注意点を紹介しましょう。

格安航空券とは

hikouki
もともと旅行会社のパック旅行のために卸していた航空券でしたが、個人でも購入できるようになり、大人気です。
旅行代理店のパックツアーに参加しなくてもチケットだけ安価で手に入るので飛行機がより身近な乗り物になりました。

発券後旅程の変更不可能なFIXと復路のみ変更可能なOPEN

sora
格安チケットは大きく2つに分けられます。
一度発券したら搭乗日や便を変更できないFIXと復路のみ変更可能なOPENです。
チケットの条件をしっかりと把握して購入しましょう。
FIXは、往復便を予約しなくてはなりません。
短期間の旅行には、安価で人気の高いチケットです。
しかし、発券後旅程の変更はできません。
搭乗しないと無効になり、経由する場合は最初の便に搭乗しなければ乗継便も取り消されることがあるので気を付けましょう。
OPENには、期限が設けられており30日OPENや60日OPEN、1年間有効のものもあります。
その期間であれば復路便やルートを変更できます。
その分FIXよりやや価格が高くなります。
OPENは発券時に復路の予約をとっておかなくてもよいのですが、帰りがハイシーズンになる場合は満席で予約がとれないと困るので、予め予約を入れておくことをお勧めします。
商用の旅なら旅程を変更するかもしれないのでOPENを購入する場合が多いようです。

シーズンによって価格の変動が大きい

格安航空券は繁忙期と閑散期の価格が大きく異なります。
例えば人が飛行機をよく利用するお盆や年末のハイシーズンの割引率が50%だとすると、シーズンオフなら同じ便が90%引きになることもあるようです。

マイルがたまりにくい、ゼロの場合もある

飛行機を利用してもマイレージの変換率が低く、マイルがたまりにくい場合が多いです。
安値で提供されているので特典はあまり期待できませんが、飛行機に搭乗してからのサービスは格安チケットであっても正規チケットのエコノミークラスと同じです。

価格や条件は代理店によって異なるのでリサーチが大事

このように安価で購入できますが、制約があり旅程が確定しにくい忙しい方には不向きです。
国内外ともに流通しているので旅行の際に比較検討してみるとよいでしょう。
条件や価格も代理店によって異なるのでリサーチしてみましょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 格安航空券を購入する時に注意したいポイント!後悔しないLCC選びのコツ All Rights Reserved.